原子力災害時の避難訓練


原子力災害時の避難訓練参加依頼が回覧板でまわってきました。
大事な避難訓練を回覧板だけで告知なんて相変わらず横柄な部署だなと再認識
こういうときこそ、町内まわって説明して参加してもらって理解を深める絶好の機会なのにそれを行わない。
商売の営業にしたら折角の商機なのになぜできないのだろう?

約3年前、「防災に民間との協働など邪魔、担当課が消防団を使ってやるので民間は言われた通りに動けば良い 民間が動いて指揮系統を乱されたら困る」という言葉を担当課よりいただきましたが体質は変わっていないようです。

当時、担当課長にレクチャーを受け、「自助7・共助2・公助1」の概念に感銘を受けて防災をはじめましたが、当の本人が後日、上記の暴言を発していましたが
それをいまだに引き継ぐ現状とは・・・・
こんな状態なのに万が一の時に信用できる訳が無いのです

1074140_960347600715013_2837703713507997679_o
12710929_960347690715004_3306078125368588326_o


森本 隆