赤れんがで目指した舞鶴の未来(5)


図11

舞鶴の町並みが変われば、横浜へ進出 小樽にも長崎にもそして世界中に
舞鶴のNEW煉瓦を輸出する!

 

図12

 

この事業は舞鶴人の舞鶴人による
舞鶴人のための赤れんが
赤れんがで舞鶴の経済を活性化させ、雇用を増やし、

赤れんがの町並みを産みだし、観光を促進し

更には赤れんがで外貨を稼ぐ!

流行廃りの無い100年以上続ける舞鶴の産業にするために!

最初のページへ戻る  「1」「2」「3」「4」「5」


森本 隆