次世代赤れんがの新しい研究が始まりました


2015-06-05 16.08.32舞鶴高専 建設システム工学科 尾上先生への受託研究が決定しました。
次世代赤れんがの新しい活用方法などを研究していただきます。
開発はできましたが世間に知られていない、使われないでは次世代赤れんがの意味が無いです
その点を舞鶴高専で建築の観点から研究していただきます。
また公共政策の視点では京都府立大学 公共政策課 杉岡先生のもとで研究を進めていただいております。
公共政策と建築が赤れんがを通じてどのように融合し、地域を変えるか?仕掛け人ながら興味が尽きません!


森本 隆